ロールズ正義論とその周辺 : コミュニタリアニズム、共和主義、ポストモダニズム

渡辺幹雄 著

革命的な『正義の理論』が引き起こした巨大な批判と反撥のなかで、ロールズの思想はどう進化していったのか。コミュニタリアンの巨頭サンデルの執拗な攻撃や批判哲学者ハーバーマスの論難の誤解を暴き、多様な政治的現実に直面したロールズが、深い断念の果てにたどりついたリベラリズムの極北を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 正義の概念史-ロールズ正義論への道程
  • 第1章 ロールズ正義論の現在-『公正としての正義-再論』(二〇〇一年)を中心に
  • 第2章 「バブル」としてのリベラル‐コミュニタリアン論争-M・サンデル『リベラリズムと正義の限界』(一九八二年)について
  • 第3章 コミュニタリアニズムとはなんだったのか-M・サンデル『リベラリズムと正義の限界』第二版(一九九八年)について
  • 第4章 ロールズにおける共和主義的契機-「財産所有制民主主義」をめぐって
  • 第5章 リベラルフォビアと共和主義-M・サンデル『デモクラシーの不満』(一九九六年)を契機として
  • 第6章 リベラルな哲学に対するリベラルな生の優位
  • 終章 ヤヌスとしてのロールズ-理想主義者か、リアリストか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロールズ正義論とその周辺 : コミュニタリアニズム、共和主義、ポストモダニズム
著作者等 渡辺 幹雄
書名ヨミ ロールズ セイギロン ト ソノ シュウヘン : コミュニタリアニズム キョウワ シュギ ポスト モダニズム
書名別名 Rawls's theory of justice and some other political strains

Roruzu seigiron to sono shuhen
出版元 春秋社
刊行年月 2007.5
ページ数 285, 9p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-393-62181-3
NCID BA81940185
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21246595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想