沙翁と福翁に学ぶ生きる知恵

石川実 著

「運の女神は、名うての遊女、貧乏人に戸はあけぬ」とは、笑わせながら、ちくりと真実をつく、シェイクスピア劇『リア王』の道化のせりふです。シェイクスピアと福澤諭吉のことばには、こうした含蓄に富んだものが散りばめられています。本書は、そうした知恵を、傘寿を迎えるシェイクスピア研究者が人生を振り返りながら読み解いています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生きるか死ぬか
  • エロスかタナトスか
  • 臆病の利
  • ハムレットか、ブルータスか
  • 死んで生きる
  • 死出の旅はたった独り
  • 労働の喜び
  • 悪魔の影
  • 自分だけが惨めなのではない
  • 馬鹿になる〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沙翁と福翁に学ぶ生きる知恵
著作者等 石川 実
書名ヨミ サオウ ト フクオウ ニ マナブ イキル チエ
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2007.5
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7664-1379-3
NCID BA81937271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21314490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想