カウンセリングを学ぶ : 理論・体験・実習

佐治守夫, 岡村達也, 保坂亨 著

クライアント中心療法の新しい展開を追い、定評あるテキストを増補・改訂。カウンセリングの理論と実践、学習のありように問題を提起しながら、理論と実践の基盤であり、両者を橋渡しするものとしてカウンセラー自身の体験過程、体験学習の重要性を位置づけている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カウンセリングを学ぶに当たって
  • 第1部 理論学習編(カウンセリングの定義
  • カウンセリングの理論
  • 理論の意味するもの)
  • 第2部 体験学習編(体験学習の位置づけ
  • 体験学習の実際
  • 核としての体験過程)
  • 第3部 実習編(事例
  • スーパーヴィジョン
  • ケースカンファレンス(事例検討会議)
  • 事例を検討することの意味)
  • カウンセラーのありよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カウンセリングを学ぶ : 理論・体験・実習
著作者等 佐治 守夫
保坂 亨
岡村 達也
書名ヨミ カウンセリング オ マナブ : リロン タイケン ジッシュウ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2007.5
版表示 第2版.
ページ数 298p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-13-012045-6
NCID BA81936869
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21274382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想