脱植民地国家の現在

アルベール・メンミ 著 ; 菊地昌実, 白井成雄 訳

長い苦しみの果てにやっと独立と自由を勝ち得た旧植民地は、その後どのように変化したか。独立国家は新しい市民を誕生させたが、彼らの生活は保障されるどころか支配層の専制と腐敗が市民を一層悲惨な状況に陥れている現実を冷静に見据え、怠慢をつづける新生国家の政治指導者と沈黙を守る知識人を厳しく批判しつつ、今日の「脱植民地人の肖像」を描き出す。自己の苦難の体験を通して、現代社会における差別と抑圧の問題を真摯に問うメンミの最新評論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 新しい市民(大いなる幻滅
  • 逆説的な貧困
  • 腐敗
  • ペテン師と専制君主 ほか)
  • 移民(二重に祝福された国外移住…
  • …そして二重の挫折
  • 新しい両者の関係
  • ゲットー、避難所、袋小路 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脱植民地国家の現在
著作者等 Memmi, Albert
白井 成雄
菊地 昌実
メンミ アルベール
書名ヨミ ダツ ショクミンチ コッカ ノ ゲンザイ : ムスリム アラブケン オ チュウシン ニ
書名別名 Portrait du decolonise. (あとがき付き改訂版)

ムスリム・アラブ圏を中心に

Datsu shokuminchi kokka no genzai
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2007.5
ページ数 175p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-02231-9
NCID BA81912554
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21318969
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想