芸術美の哲学

熊谷直男 著

美術・音楽・文学…芸術作品の魅力はどこから来るのか。芸術‐美の本質を根源において探る試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 緒論
  • 2 自然模倣とそれにおける美の契機
  • 3 示現の関係
  • 4 装飾的なるもの
  • 5 装飾する主体
  • 6 鑑賞の原理
  • 7 構成の視点
  • 8 ことばと身振りによる表現
  • 9 美的価値
  • 10 批評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸術美の哲学
著作者等 熊谷 直男
書名ヨミ ゲイジュツビ ノ テツガク
書名別名 Geijutsubi no tetsugaku
出版元 春秋社
刊行年月 2007.4
ページ数 311p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-33268-9
NCID BA81912361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21233794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想