行動分析

大河内浩人, 武藤崇 編著

クライエントと環境との相互作用を明らかにし、それに働きかけることによって、不適応な行動の解消や望ましい行動の生起をうながす…それこそが「行動分析」。本書は、近年臨床現場に広まってきている、この行動分析の理解をわかりやすく解説し、さまざまな現場での事例を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 解説編(行動分析の基礎知識-本書を理解するために
  • 随伴性制御-結果によってその後の行動は決まってくる
  • 言語行動-言葉は身につくのではなく、いつも環境との協働作業
  • ルール支配行動-言葉による行動の制御を考える
  • 刺激等価性-よいことであれ、悪いことであれ、私たちは複雑な行動を間接的に学んでゆく
  • 子どもの応用行動分析-子どもと保護者と教師とみんなのために
  • 成人の応用行動分析-オトナにも行動分析は使える)
  • 第2部 事例編(自閉症児への「信号にもとづく横断」行動の支援-刺激性制御と刺激等価性パラダイム
  • 知的障害児への「選択決定」スキル獲得の支援-否定選択肢の導入と機能的コミュニケーション
  • 自閉症児への課題遂行の支援-スケジュール表の利用とセルフ・マネジメント
  • 軽度知的障害児の不適応行動改善の支援-機能分析と確立操作
  • 自閉症児の注目・模倣行動の促進-好きな遊びを用いた確立操作
  • アスペルガー症候群青年へのソーシャルスキルトレーニング-ボードゲームの利用
  • 登校しぶりのある小学生の教室復帰と自立登下校行動の支援-トークン・エコノミー法
  • 小学生の自立登校行動の支援-行動的カウンセリング
  • 小学校での宿題提出行動の促進-集団随伴性
  • 小学校での清掃活動の改善-セルフ・コントロール
  • うつの大学生への学生相談-機能分析心理療法と認知療法の併用
  • うつの成人への心理面接-治療補助者を加えた面接室内でのアサーショントレーニング)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 行動分析
著作者等 大河内 浩人
武藤 崇
書名ヨミ コウドウ ブンセキ
書名別名 Kodo bunseki
シリーズ名 心理療法プリマーズ : 心理療法を学ぶ・心理療法がわかる・心理療法入門
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2007.5
ページ数 256p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-04885-4
NCID BA81895626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21239501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想