湖と池の生物学

Christer Bronmark, Lars-Anders Hansson 著 ; 占部城太郎 監訳

[目次]

  • 1 イントロダクション
  • 2 理化学的環境と生物の適応
  • 3 湖と池の生物-環境という舞台の主人公
  • 4 生物間相互作用-競争、植食、捕食、寄生、共生
  • 5 食物網動態
  • 6 生物多様性と環境の変化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 湖と池の生物学
著作者等 Brönmark, Christer
Hansson, Lars-Anders
占部 城太郎
Hansson Lars‐Anders
Br¨onmark Christer
書名ヨミ ミズウミ ト イケ ノ セイブツガク : セイブツ ノ テキオウ カラ グンシュウ リロン ホゼン マデ
書名別名 The biology of lakes and ponds. (2nd ed.)

生物の適応から群集理論・保全まで
出版元 共立
刊行年月 2007.6
ページ数 339p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-320-05646-6
NCID BA81885065
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21246358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想