共感 : 育ち合う保育のなかで

佐伯胖 編

[目次]

  • 第1章 人間発達の軸としての「共感」(ヒトはどのように「人」になるのか-ピアジェ発達論から見る
  • 関係論的発達論の展開-ヴィゴツキー・ルネッサンス ほか)
  • 第2章 「共振」から「共感」へ-乳児期における他児とのかかわり(乳児期の人間関係
  • 乳児同士のかかわりの構築過程 ほか)
  • 第3章 「共に」の世界を生みだす共感-自閉傾向のある子どもの育ちを支えたもの(「共に」の世界がない保育
  • 視線を「共に」する共感 ほか)
  • 第4章 保育の場における保育者の育ち-保育者の専門性は「共感的知性」によってつくられる(保育者の専門性とは
  • 新任保育者が「手ごたえ」を感じる時 ほか)
  • 第5章 「対話」が支える子ども・保護者・保育者の育ち合い-多様な他者が共に育ち合う多声的な「場」(保育の「場」における「子育て支援」とは
  • 多様な育ちを読み解く手がかり ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共感 : 育ち合う保育のなかで
著作者等 佐伯 胖
書名ヨミ キョウカン : ソダチアウ ホイク ノ ナカ デ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2007.5
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-623-04903-5
NCID BA8186966X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21241406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想