憲法と時間

長谷部恭男, 土井真一, 井上達夫, 杉田敦, 西原博史, 阪口正二郎 編

憲法の問題群を時間軸から捉えると、どのように見えてくるか。国家の死滅と誕生、憲法制定権力という概念、大日本帝国憲法の歴史と日本国憲法の制定過程、六〇年にわたる憲法運用の歴史を再考する。また憲法改正限界論や憲法変動、抵抗権、国家緊急権、違憲審査などの「憲法保障」をめぐる諸問題を原理的に追究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 憲法と時間(革命と国家の継続性
  • 「憲法」の概念-それを考えることの意味
  • 憲法制定権力の消去可能性について)
  • 2 日本憲法史・再考(大日本帝国憲法下の戦争指導
  • 実定憲法秩序の転換と「八月革命」言説
  • 日本国憲法の意義と運営)
  • 3 憲法の保障(違憲審査の保障する憲法
  • 国家緊急権
  • 抵抗権と憲法遵守義務
  • 憲法改正限界論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法と時間
著作者等 山崎 友也
井上 典之
井上 達夫
加藤 陽子
南野 森
土井 真一
大河内 美紀
安念 潤司
工藤 達朗
平野 仁彦
長谷部 恭男
高見 勝利
書名ヨミ ケンポウ ト ジカン
書名別名 Kenpo to jikan
シリーズ名 岩波講座憲法 / 長谷部恭男, 土井真一, 井上達夫, 杉田敦, 西原博史, 阪口正二郎 編 6
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.5
ページ数 257p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-010740-2
NCID BA81866570
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21251038
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想