ドルはどこへ行くのか : 国際資本移動のメカニズムと展望

ブレンダン・ブラウン 著 ; 田村勝省 訳

21世紀に入ってからの数年間に強まった未曽有の対米資本移動の潮流は、畏敬、当惑、憤り、極度の懸念など、さまざまな反応を引き起こした。国際的な投資家、通貨外交の担当者、国際官僚、経済評論家などが抱いたこのような反応を理解するためには、"何がグローバルな資本移動を牽引しているのか"、というテーマを深く探求することが必要だ。グローバル経済の新動向を国際資本移動の視点からよみとく最前線の理論とシナリオ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 加速する国際資本移動
  • 第2章 ブラック・マネーという死角
  • 第3章 資本移動の誘因
  • 第4章 ショートは防げるか
  • 第5章 アメリカ経常赤字の持続可能性
  • 第6章 通貨外交の実態
  • 第7章 ユーロをめぐるゲーム
  • 第8章 為替相場とドルの未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドルはどこへ行くのか : 国際資本移動のメカニズムと展望
著作者等 Brown, Brendan
田村 勝省
ブラウン ブレンダン
書名ヨミ ドル ワ ドコ エ ユクノカ : コクサイ シホン イドウ ノ メカニズム ト テンボウ
書名別名 What drives global capital flows?

Doru wa doko e yukunoka
出版元 春秋社
刊行年月 2007.4
ページ数 318, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-65186-5
NCID BA81853229
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21235741
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想