唐代金銀器文様の考古学的研究

冉万里 著

考古学の類型学的方法による唐代金銀器文様の分類と編年、文様史の視点からみた唐代各種文様の淵源と祖型の追究、東西文化交流の中での伝統文化要素と外来文化要素、唐代以降の金銀器や唐代陶磁器の造形と文様への影響-等、金銀器を飾る各種文様の系統的な分析と解釈をとおして唐代文化の国際性と歴史的特質をユーラシア的視野で究明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 緒言
  • 第2章 唐代金銀器文様の分類と時期区分
  • 第3章 唐代金銀器の装飾技術と構図方式
  • 第4章 唐代金銀器の装飾文様の検討
  • 第5章 唐代金銀器文様のシンボル
  • 第6章 唐代金銀器文様の影響
  • 第7章 結語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 唐代金銀器文様の考古学的研究
著作者等 冉 万里
書名ヨミ トウダイ キンギンキ モンヨウ ノ コウコガクテキ ケンキュウ
書名別名 Todai kinginki mon'yo no kokogakuteki kenkyu
出版元 雄山閣
刊行年月 2007.5
ページ数 318p 図版8p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-639-01979-4
NCID BA81839603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21247955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想