八瀬童子 : 歴史と文化

宇野日出生 著

[目次]

  • 八瀬の不思議-古代から現代までの時空
  • 八瀬の景観-集落の構成
  • 八瀬童子会文書とは何か-伝来の至宝
  • 八瀬の宮座-平安時代の生活
  • 後醍醐天皇と八瀬童子-伝説と史実の共存
  • 童子と国名-名誉称号
  • 諸役免除-特権を守る
  • 村の営み-暮らしのかたち
  • 延暦寺との争論-生死をかけた闘い
  • 八瀬の正史-引き継がれた史実
  • 赦免地踊-特権の歓喜は祭礼へ
  • 特別積立会から八瀬童子会へ-さらなる特権の継続
  • 輿丁-天皇の輿を担ぐ
  • 大喪と大礼-全国の注目を集めた八瀬童子
  • 歴史の証人-八瀬童子に聞く
  • 念仏講-検証される歴史と人物
  • 高殿の役割-精進潔斎の日々
  • 老衆たち-祭りの最高幹部
  • 伝統の継承-祭りや行事
  • 天皇と八瀬童子-皇室との新しい関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 八瀬童子 : 歴史と文化
著作者等 宇野 日出生
書名ヨミ ヤセ ドウジ : レキシ ト ブンカ
出版元 思文閣
刊行年月 2007.4
ページ数 195, 18p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7842-1352-8
NCID BA81826601
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21236564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想