『嵐が丘』を読む

川口喬一 [著]

狂おしい愛と情念に満ちたロマンスなのか、それとも、とりとめのない悪夢なのか?ヒースクリフとキャサリンの謎をめぐって展開する"読み=批評"の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめての『嵐が丘』
  • 形式への関心
  • 手法の発見
  • 神話と精神分析
  • マルクス主義批評
  • フェミニズム批評
  • 構造主義的批評
  • 不確定原理
  • ポスト構造主義
  • テクストの外へ-カルチュラル・スタディーズ
  • テクストの外へ-『嵐が丘』を書き直す
  • テクストの外へ-『嵐が丘』を映像化する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『嵐が丘』を読む
著作者等 川口 喬一
書名ヨミ アラシガオカ オ ヨム : ポストコロニアル ヒヒョウ カラ オニマル モノガタリ マデ
書名別名 ポストコロニアル批評から「鬼丸物語」まで

Arashigaoka o yomu
シリーズ名 嵐が丘
出版元 みすず書房
刊行年月 2007.5
ページ数 275, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07295-9
NCID BA8182197X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21235991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想