殺人犯を裁けますか? : 裁判員制度の問題点

田中克人 著

いま、なぜ、裁判員制度なのか?この裁判員制度は、主権者たる国民と民主主義に対する、明らかなる「挑戦状」だ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 いま、なぜ、裁判員制度?(裁判員法とはどんな法律なの?
  • 裁判員ってなにをするの?
  • 国民の「無関心」が生んだ裁判員法)
  • 第2章 そもそも裁判制度ってなに?(現在の裁判制度
  • 陪審制と参審制とはどう違うの?
  • 「司法の独立」は歴史の贈り物)
  • 第3章 問題だらけの裁判員制度(制度上の問題点
  • 運用上の問題点
  • 広報・世論調査からの問題点)
  • 第4章 誰のための制度なの?(裁判員法成立の背景
  • 妥協の産物としての「裁判員制度」)
  • 第5章 私たちが参加する制度って?(国民の司法参加の形を考える
  • 国民の司法参加と憲法
  • 司法参加の現状と新たな試みの可能性
  • 民事訴訟事件への国民の参加)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 殺人犯を裁けますか? : 裁判員制度の問題点
著作者等 田中 克人
書名ヨミ サツジンハン オ サバケマスカ : サイバンイン セイド ノ モンダイテン
書名別名 Satsujinhan o sabakemasuka
出版元 駒草
刊行年月 2007.4
ページ数 209p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-903186-36-8
NCID BA81819592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21244009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想