医者の涙、患者の涙

南淵明宏 著

南淵明宏-、わが国が誇る心臓外科手術のスペシャリストである。だが、その道のりは平坦なものではなかった。彼は夢を叶えるため硬直化した医学界を飛び出し、海外へ武者修行に出た。そこで真のプロの姿を見た。日本に戻った南淵は小さな民間病院で一から心臓外科を立ち上げたのだ。命の源を見つめ続けてきた男が、日本医療の現実を鋭く抉り、医師と患者の理想の関係を熱く語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 患者さんが私を立ち直らせた
  • 第2章 患者の涙、家族の涙
  • 第3章 海外修業が教えてくれたこと
  • 第4章 プロの医者、プロの患者
  • 第5章 患者さんからの手紙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医者の涙、患者の涙
著作者等 南淵 明宏
書名ヨミ イシャ ノ ナミダ カンジャ ノ ナミダ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2007.5
ページ数 295p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-131571-3
NCID BA8179773X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21228042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想