植物と帝国 : 抹殺された中絶薬とジェンダー

ロンダ・シービンガー 著 ; 小川眞里子, 弓削尚子 訳

18世紀の植民地の暗く苛烈な文化交流史において、著者はオウコチョウのようなつつましい植物に焦点を当てる。現地の人びとから植物の知識を熱心に吸収したヨーロッパ人は、奴隷の女たちが主人を欺くために使っていた中絶薬についての知識を、あえて無視した。ヨーロッパはまさに重商主義のもと、人口増加を奨励している時代だった。植物探査のはらむ深刻なモラル問題に光を当てる。アメリカ歴史学会大西洋世界史賞、フランス植民地歴史学会Heggoy賞、アメリカ医学誌協会薬学史Ester賞-受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 出航(旅する植物学者-ハンス・スローン
  • マリア・シビラ・メリアン ほか)
  • 第2章 植物探査(西インド諸島における薬探査
  • 植物探査の接触地帯 ほか)
  • 第3章 エキゾチックな中絶薬(メリアンのオウコチョウ
  • ヨーロッパにおける中絶 ほか)
  • 第4章 ヨーロッパにおけるオウコチョウの運命(動物実験(治験)
  • 自らを実験台に ほか)
  • 第5章 命名に発揮された帝国主義(自然界の命名と帝国-カール・リンネ
  • 名づけることの困難 ほか)
  • 結論 アグノトロジー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植物と帝国 : 抹殺された中絶薬とジェンダー
著作者等 Schiebinger, Londa L
Schiebinger, Londa L.
小川 真里子
弓削 尚子
Schiebinger Londa
シービンガー ロンダ
書名ヨミ ショクブツ ト テイコク : マッサツサレタ チュウゼツヤク ト ジェンダー
書名別名 Plants and empire
出版元 工作舎
刊行年月 2007.5
ページ数 394p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87502-401-9
NCID BA81796103
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21240661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想