人の痛みを感じる国家

柳田邦男 著

日本人の精神は、どこまで壊れてしまうのか?ネット上で、他者を匿名で中傷する人びと。ゲームや映像に汚染されていく子どもたち。他人の痛みに全く鈍感な行政官や企業人…今こそ見直すべき心の情景を説く警世の日本論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 名を隠す日本人、お前は何者か?
  • 個人情報保護でこの世は暗黒へ
  • ITバブルと脳内汚染
  • "心の分娩"は三年かかる
  • 詩人は金魚を突き殺す
  • 被害者の死を待つ被告人・国家の怪
  • 人の痛みを感じる国家は創れるか
  • 現場・現物が語り出すとき
  • パソコンと棚田
  • 続・パソコンと棚田
  • 人間到る処青山あり
  • "新老人ジュニア"青山探しの旅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人の痛みを感じる国家
著作者等 柳田 邦男
書名ヨミ ヒト ノ イタミ オ カンジル コッカ
出版元 新潮社
刊行年月 2007.4
ページ数 219p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-322317-7
NCID BA81783815
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21229847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想