東海道を歩く

本多隆成 著

十返舎一九や歌川広重らによって、活き活きと描かれた東海道。その原風景を訪ねて、日本橋から京都まですべての宿場町を完全踏破。宿場の地図と写真を多数収め、東海道の史跡と歴史を学ぶ。街道を旅する手引書に最適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近世の東海道(近世宿駅の設置
  • 近世東海道の前提
  • 寛永期の交通政策)
  • 2 東海道を歩く(武蔵から相模へ
  • 是より駿河路
  • 遠州灘の道
  • 三河路をゆく
  • 尾張から伊勢へ
  • 近江路をへて京へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東海道を歩く
著作者等 本多 隆成
書名ヨミ トウカイドウ オ アルク
シリーズ名 歴史の旅
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.4
ページ数 226, 8p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-642-07972-3
NCID BA81782029
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21228524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想