デュルケームの認識論

清水強志 著

[目次]

  • 序論 本著の目的
  • 第1編 デュルケームの生涯と時代的位置付け
  • 第2編 デュルケームにおける社会学理論
  • 第3編 心理学との対峙
  • 第4編 プラグマティズム論
  • 第5編 ブルデュー社会学との比較および補完
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デュルケームの認識論
著作者等 清水 強志
書名ヨミ デュルケーム ノ ニンシキロン
書名別名 Dyurukemu no ninshikiron
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 2007.3
ページ数 247, 9p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7699-1057-2
NCID BA81770165
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21227052
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想