国際経済 : 理論と現実

佐藤秀夫 著

近代200年の世界経済は、急激な経済成長、相互依存の深化、格差拡大の時代だった。現代のグローバリゼーションもその延長線上にある。本書は、こうした世界経済の定型化された事実とともに、それらを理解するための基本的な理論を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国際経済を学ぶにあたって
  • スミスとリカードゥの貿易論
  • 新古典派の貿易モデル
  • 連続多数財リカードゥ・モデル-DFSモデル
  • 自由貿易と保護貿易
  • 第二次世界大戦後の世界貿易-GATTからWTOへ
  • 国際資本移動の理論
  • 国際資本移動の現実
  • 外国為替取引と為替相場
  • 国際収支
  • 国際通貨システム
  • 開放体系下のマクロ経済

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際経済 : 理論と現実
著作者等 佐藤 秀夫
書名ヨミ コクサイ ケイザイ : リロン ト ゲンジツ
書名別名 Kokusai keizai
シリーズ名 Minerva現代経済学叢書 92
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2007.4
ページ数 250p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-04881-6
NCID BA81769188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21471948
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想