美のゆくえ

大橋良介 著

受講生が作成した講義の調書を講義ノートにフィードバック。一方通行の大学の講義が"プロトコル方式"によって双方向の討議へと生まれ変わる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 カント美学-二〇〇三年度月曜講義プロトコル(美のゆくえ
  • 美学と芸術学、および「醜」 ほか)
  • 第2章 ヘーゲル美学-二〇〇四年度月曜講義プロトコル(ヘーゲル美学の全体構成
  • ヘーゲルの建築論 ほか)
  • 第3章 アドルノ美学-二〇〇五年度月曜講義プロトコル(アドルノ美学のコンテキスト
  • ヤウス、ハーバマス、グリーンバーグの「モデルネ」論 ほか)
  • 第4章 ハイデッガーの芸術論-二〇〇六年度前期月曜講義プロトコル(演習 当時のドイツの思想状況
  • 演習 二つの講演ヴァージョンの異同 ほか)
  • 付論 日本美学の風土的可能性(二〇〇四年度後期月曜講義より)(ヘーゲル美学との対比におけるアジア美学
  • 現代の自然美学 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美のゆくえ
著作者等 大橋 良介
書名ヨミ ビ ノ ユクエ : カント ヘーゲル アドルノ ハイデッガー : ハンダイ コウギ プロトコル
書名別名 カント/ヘーゲル/アドルノ/ハイデッガー : 阪大講義プロトコル

Bi no yukue
出版元 燈影舎
刊行年月 2007.4
ページ数 291p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86094-008-9
NCID BA81758512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21337305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想