ボランティア活動の論理 : ボランタリズムとサブシステンス

西山志保 著

人間の根源的な支えあい(サブシステンス)の理念を基盤に、ボランティア活動の一層の定着化・システム化をめざす白眉の論考。新稿「市民活動の国際比較研究」等加え、待望の改訂新版刊行。2006年NPO学会研究奨励賞・同日本都市社会学会若手奨励賞・2007年生協総合研究所研究賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 市民活動研究の展開(市民活動の広がりと研究課題
  • 「生」をささえる市民活動への注目 ほか)
  • 第2部 阪神・淡路大震災が生みだした市民活動(大震災とボランティア活動の展開
  • 新たなボランタリズムの生成 ほか)
  • 第3部 市民活動の国際比較研究(ボランタリー組織から社会的企業へ)
  • 第4部 市民活動研究の理論的課題(市民活動のアドボカシー機能・再考)
  • ボランティアが切りひらく新たな市民社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボランティア活動の論理 : ボランタリズムとサブシステンス
著作者等 西山 志保
書名ヨミ ボランティア カツドウ ノ ロンリ : ボランタリズム ト サブシステンス
書名別名 The logic of volunteering

Borantia katsudo no ronri
出版元 東信堂
刊行年月 2007.4
版表示 改訂版.
ページ数 277p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88713-753-0
NCID BA81751692
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21229123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想