ストーリーの心理学

J.ブルーナー 著 ; 岡本夏木, 吉村啓子, 添田久美子 訳

「意味」と「文化」をキーワードにした新たな心理学を追求しているブルーナー。本書は、彼がいま唱導するナラティヴにおけるストーリーの役割について、法、文学、自己形成(自伝)の場合をとりあげながら、独自の見解と洞察を加えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ストーリーの効用
  • 第2章 法的なナラティヴと文学的なナラティヴ
  • 第3章 物語による自己の創造
  • 第4章 では、なぜナラティヴなのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ストーリーの心理学
著作者等 Bruner, Jerome S.
Bruner, Jerome Seymour
吉村 啓子
岡本 夏木
添田 久美子
Bruner Jerome S.
ブルーナー J.
書名ヨミ ストーリー ノ シンリガク : ホウ ブンガク セイ オ ムスブ
書名別名 Making stories

法・文学・生をむすぶ

Sutori no shinrigaku
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2007.4
ページ数 181p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-04824-3
NCID BA81749340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21470735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想