国際シンポジウム溝口健二 : 没後50年「Mizoguchi 2006」の記録

蓮實重彦, 山根貞男 編著

溝口健二没後50年を迎えて開かれた国際シンポジウム「MIZOGUCHI 2006」。海外からは『ミツバチのささやき』『エル・スール』のビクトル・エリセ、『一瞬の夢』『長江哀歌』のジャ・ジャンクーら世界的監督と、世界でもっとも早く溝口を発見した映画評論家ジャン・ドゥーシェが、国内からは井口奈己、柳町光男、山崎貴ら気鋭の監督、芥川賞作家で映画評論も手がける阿部和重、そして溝口健二の助監督を長く務めた田中徳三が、さらに溝口作品を彩った香川京子、若尾文子らスターが一堂に会した。コーディネーターは、蓮實重彦と山根貞男。ヴェネチア国際映画祭で三年連続受賞という快挙を成し遂げ、今なお世界各国の映画監督に影響を与えつづける溝口作品に、「はじめて」出会う人々に向け、その新たな魅力を検証する。巻末に蓮實重彦、山根貞男、木下千花らによる書き下ろし溝口論を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • シンポジウム(日本における溝口
  • 女優の証言
  • 助監督の証言
  • 世界が見た溝口-海外と国内の参加者たちを交えて
  • シンポジウムを終えて 発掘された溝口健二)
  • 論考(サイレントからトーキーへ、その狭間での冒険『滝の白糸』『折鶴のお千』について
  • 言葉の力-溝口健二監督『残菊物語』論
  • 世界の中のミゾグチ、溝口の中の世界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際シンポジウム溝口健二 : 没後50年「Mizoguchi 2006」の記録
著作者等 山根 貞男
蓮実 重彦
蓮實 重彦
書名ヨミ コクサイ シンポジウム ミゾグチ ケンジ : ボツゴ 50ネン Mizoguchi 2006 ノ キロク
書名別名 Kokusai shinpojiumu mizoguchi kenji
シリーズ名 朝日選書 822
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2007.5
ページ数 285, 5p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259922-3
NCID BA8172892X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21242591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想