ブレークスルーの科学 : ノーベル賞学者・白川英樹博士の場合

五島綾子 著

セレンデピティ(思いがけずに発見する能力)は、いかにして身につくのか?論文捏造事件が多発するなか、真の科学的発見はいかにして生まれ、実を結ぶかを白川博士の事例をもとに考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 科学の世界がおかしい
  • 第2章 ブレークスルーの科学
  • 第3章 セレンディピティ
  • 第4章 日本での評価
  • 第5章 異分野融合
  • 第6章 アメリカでの成功
  • 第7章 大発見のその後
  • 第8章 科学の世界を問う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブレークスルーの科学 : ノーベル賞学者・白川英樹博士の場合
著作者等 五島 綾子
書名ヨミ ブレークスルー ノ カガク : ノーベルショウ ガクシャ シラカワ ヒデキ ハクシ ノ バアイ
出版元 日経BP社 : 日経BP出版センター
刊行年月 2007.4
ページ数 183p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8222-4539-9
NCID BA81713831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21226536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想