藤原道長 : 男は妻がらなり

朧谷寿 著

天皇家との外戚関係を築き、貴族社会の頂点に立ち、機をみるに敏に活動し、運をつかんだ道長。その栄華とは裏腹に病に悩む姿もあった。本書は膨大な史料と格闘し、等身大の道長像を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 藤原北家の躍進と父兼家
  • 第2章 若き時代
  • 第3章 政界のトップに踊り出る
  • 第4章 外戚を目指して
  • 第5章 この世はわが世
  • 第6章 迫りくる死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藤原道長 : 男は妻がらなり
著作者等 朧谷 寿
書名ヨミ フジワラ ノ ミチナガ : オノコ ワ メガラ ナリ
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2007.5
ページ数 380, 12p 図版3枚
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-04884-7
NCID BA81697305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21234232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想