自立クライシス : 保健室からの思春期レポート

金子由美子 著

長期化する思春期、崩れる家族の食卓、空回りする学校指導、教育力を失った社会-おとなたちの迷走はどこまで続くのか?「うちはパパ父」「母さんみたいな女になりたくない」「オヤジなんて、あいつはただの居候」人生のモデルを失って自立を阻まれる子どもたち、そして自立を支えるべきおとなの使命について、「保健室のセンセー」が警鐘を発信する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 保健室の情景(思春期の蹉跌
  • 思春期モラトリアム)
  • 第2章 自立の大地が揺らぐ(食卓のない家庭
  • 悩める学校 ほか)
  • 第3章 脅かされる性と生(おとなと子どもの境界線はどこに?
  • 性教育のネグレクト)
  • 第4章 子どもたちとの創造(子どもの力
  • 子どもたちから学ぶ ほか)
  • 第5章 すべての子を主人公に(子どもと創る保健室
  • 素敵なロールモデルに)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自立クライシス : 保健室からの思春期レポート
著作者等 金子 由美子
書名ヨミ ジリツ クライシス : ホケンシツ カラノ シシュンキ レポート
書名別名 Jiritsu kuraishisu
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.3
ページ数 242p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-023436-8
NCID BA81689588
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21220217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想