システム理論入門

ニクラス・ルーマン 著 ; ディルク・ベッカー 編 ; 土方透 監訳

ルーマン本人による、徹底的解説。ビーレフェルト大学において1991/92年冬学期に開講された「システム理論入門」と題する講義(全14回)の全訳。初学者を対象に入門的性格を重視して解説に徹した講義は、完成された体系として受け取ってきたシステム理論の成り立ちとその意義を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 社会学とシステム理論
  • 2 一般システム理論
  • 3 時間
  • 4 意味
  • 5 心的システムと社会システム
  • 6 自己観察する作動としてのコミュニケーション
  • 7 二重の偶発性、構造、コンフリクト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 システム理論入門
著作者等 Baecker, Dirk
Luhmann, Niklas
土方 透
ベッカー ディルク
ルーマン ニクラス
書名ヨミ システム リロン ニュウモン
書名別名 Einfuhrung in die Systemtheorie

Einführung in die Systemtheorie
シリーズ名 ニクラス・ルーマン講義録 / ニクラス・ルーマン 著 1
出版元 新泉社
刊行年月 2007.4
ページ数 427, 3p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7877-0703-1
NCID BA81676699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21225869
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想