人と社会の生態考古学

安斎正人 著

モノとモノの関係性を見極め、普遍的人類史を志向する「考古学としての考古学」論。日本考古学の起源と特殊性にもメスを入れる刺激的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 モノからコトへ、そしてモノコトへ
  • 第1章 進化と歴史(現代人の進化
  • 国民の考古学)
  • 第2章 文化と社会(文化史の研究
  • 社会科学の考古学)
  • 第3章 生態と景観(人類の生態系史
  • 景観考古学)
  • 終章 もう一つの現代考古学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人と社会の生態考古学
著作者等 安斎 正人
書名ヨミ ヒト ト シャカイ ノ セイタイ コウコガク
書名別名 Hito to shakai no seitai kokogaku
出版元 柏書房
刊行年月 2007.4
ページ数 305, 5p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7601-3042-9
NCID BA81666196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21232025
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想