だれにでも「いい顔」をしてしまう人 : 嫌われたくない症候群

加藤諦三 著

一見すると明るく社交的だが、心の奥はさびしくて不安。「ありのままの自分」に自信がなくて、他人の同情や歓心を得ようとイヤとは言えずその場をとりつくろう。「私だけが我慢している」と不満は募る一方。好意すら敵意と誤解する。他人に好かれることが生きる目的になってしまった不幸な人たち。自分の気持ちさえ見失い、優しい言葉をかけてくれる「ずるい人」にだまされる。しまいには人と接するのが恐怖になるのだ。嫌われてもいいじゃない!「いい顔」をやめたら、人生はラクになり、本当の味方が見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ケンカができない「さびしいピエロ」(人とも自分とも心がふれあわない
  • 存在意義を認めてほしいけど…
  • すすんでだまされる都合のいい道具 ほか)
  • 第2章 とにかく愛されたい人の心(「あなたが嫌い」と言えない末に
  • 自己実現できなかった自分への裏切り
  • 自分でも気づかない恐怖感と憎しみ ほか)
  • 第3章 「嫌われてもよい」と思えば幸せになれる(「自分がある」人になるために
  • ひとりぼっちになる覚悟
  • 心の砦をつくる方法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 だれにでも「いい顔」をしてしまう人 : 嫌われたくない症候群
著作者等 加藤 諦三
書名ヨミ ダレ ニ デモ イイ カオ オ シテシマウ ヒト : キラワレタクナイ ショウコウグン
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2007.5
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-69111-4
NCID BA81636785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21229244
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想