生命論 : 生命は宇宙において予期されていたものである

唐木田健一 著

「ポストゲノム」科学と存在論哲学を背景とした総合的生命の新展開。目的のない計画は存在しないが、計画のない目的は存在する。目的は生命の本質である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生物学の問題
  • 2 生命の原理
  • 3 生命の誕生とその進化
  • 4 生命の活動とその背景
  • 5 価値の由来
  • 6 倫理的問題の検討法
  • 7 人間の知的活動
  • 8 新しい生物学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命論 : 生命は宇宙において予期されていたものである
著作者等 唐木田 健一
書名ヨミ セイメイロン : セイメイ ワ ウチュウ ニ オイテ ヨキサレテイタ モノ デ アル
書名別名 A synthetic theory on life

Seimeiron
出版元 批評社
刊行年月 2007.4
ページ数 120p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8265-0460-7
NCID BA81627875
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21225706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想