現代日本新宗教論 : 入信過程と自己形成の視点から

渡辺雅子 著

人はなぜ新宗教に入信するのか、それによりどのように生き方が変わるのか。新霊性運動も視野に入れた、綿密な実態調査を積み重ねて、現代日本の新宗教の深層に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 新宗教への入信(新宗教受容過程における「重要な他者」の役割-立正佼成会会員の場合
  • 新宗教信者のライフコースと入信過程-大本の一地方支部を事例として
  • 新宗教信者の体験談にみる人生の再解釈-天照皇大神宮教の救いの論理
  • 入信の動機と過程)
  • 第2部 新宗教と女性の自己形成(十五年戦争と新宗教の女性-霊友会の会報にみる銃後活動と思想の変遷
  • 分派教団における女性教祖の形成過程-妙智會教団の場合
  • 新宗教における女性修行生の自己形成と性別役割-金光教の場合)
  • 第3部 新霊性運動の展開-自生会の場合(自生会の展開過程と教えの形成
  • スピリチュアル・リーダーの登場
  • 信者集団と弟子サークルの形成
  • 弟子たちの生活史にみる自己変容)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本新宗教論 : 入信過程と自己形成の視点から
著作者等 渡辺 雅子
書名ヨミ ゲンダイ ニホン シンシュウキョウロン : ニュウシン カテイ ト ジコ ケイセイ ノ シテン カラ
書名別名 Gendai nihon shinshukyoron
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2007.3
ページ数 472, 18p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-275-00518-2
NCID BA8162463X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21271710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想