ジャパニーズ・マフィア : ヤクザと法と国家

ピーター・B.E.ヒル 著 ; 田口未和 訳

オックスフォード大学社会学研究員の手になる初めての、外国人が見た本格的な日本の犯罪シンジケートに関する学問的研究。暴対法の導入は国家とヤクザ集団との伝統的な関係を変えたが、果たしてそれは市民社会の安寧に寄与しているのか。豊富な取材と関係資料を縦横に駆使した注目の話題書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マフィアと国家
  • 第2章 ヤクザの進化
  • 第3章 現代のヤクザ-その構造と組織
  • 第4章 シノギ-資金源
  • 第5章 暴対法
  • 第6章 平成ヤクザ-バブルの崩壊と暴対法
  • 第7章 ヤクザと法と国家
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャパニーズ・マフィア : ヤクザと法と国家
著作者等 Hill, Peter B. E
田口 未和
ヒル ピーター・B.E.
書名ヨミ ジャパニーズ マフィア : ヤクザ ト ホウ ト コッカ
書名別名 The Japanese mafia

Japanizu mafia
出版元 三交社
刊行年月 2007.4
ページ数 390p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87919-169-4
NCID BA81608451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21223098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想