ジェイムズ・ステュアートとスコットランド

渡辺邦博 著

200年以上もの間、スミスの影に隠されてきた経済学者ジェイムズ・ステュアートが、主著『経済の原理』(1767年)公刊以降、晩年に取り組んだ諸問題にかんする研究書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ジェイムズ・ステュアートの生涯と著作-「ブリテンにおける経済学の父」
  • 第2章 スコットランドの経済発展とジェイムズ・ステュアート-ステュアートの匿名小冊子『ラナク州の利益にかんする諸考察』について
  • 第3章 スコットランド運河開発と内陸道路建設-ステュアートによる『経済の原理』普及の努力
  • 第4章 スコットランド蒸留業をめぐる1779年の新聞記事について-晩年のステュアートと内国消費税問題
  • 第5章 地方新聞の蒸留業関係記事とジェイムズ・ステュアート
  • 第6章 『エディンバラ・イーヴニング・クーラント』におけるジェイムズ・ステュアートの蒸留業論-小規模蒸留業は勤労への刺激
  • 第7章 ジェイムズ・ステュアートとアダム・スミス-イアン・ロスの新スミス伝を手がかりに
  • 第8章 ステュアートの甥バハン伯によるジェイムズ・ステュアート伝
  • 第9章 ジェイムズ・ステュアート研究にかんする文献調査-ステュアート家に継承されてきた『コルトネス文書』について
  • 終章 『経済の原理』公刊以降のジェイムズ・ステュアート

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジェイムズ・ステュアートとスコットランド
著作者等 渡辺 邦博
書名ヨミ ジェイムズ ステュアート ト スコットランド : モウ ヒトツ ノ コテンハ ケイザイガク
書名別名 もうひとつの古典派経済学
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2007.4
ページ数 276p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-04671-3
NCID BA81607153
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21225708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想