消化器疾患における網羅的遺伝子解析から分子標的治療 : 分子消化器病学研究会第13回浜名湖シンポジウム記録集

小俣政男学術アドバイザー

この本の情報

書名 消化器疾患における網羅的遺伝子解析から分子標的治療 : 分子消化器病学研究会第13回浜名湖シンポジウム記録集
著作者等 小俣 政男
浜名湖シンポジウム
書名ヨミ ショウカキ シッカン ニ オケル モウラテキ イデンシ カイセキ カラ ブンシ ヒョウテキ チリョウ : ブンシ ショウカキビョウガク ケンキュウカイ ダイ 13カイ ハマナコ シンポジウム キロクシュウ
出版元 アークメディア
刊行年月 2006.10
ページ数 193p
大きさ 26cm
ISBN 4875831080
NCID BA81581129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21123992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
10万ヵ所のSNPサイトを利用したアレイによる消化器癌における遺伝子異常の網羅的解析 多田素久
C型肝炎ウイルス抗体陽性者を対象とした10年間のコホート研究 楠元寿典
Genomicsにより同定した血管新生因子ephrin-A1の肝癌進展における役割の解析 飯田宏
HCV持続感染に伴う慢性炎症が肝細胞での上皮-間質移行を促した結果,C型慢性肝炎は肝硬変を経て肝癌に至る 松崎恒一
HIFを標的とした腫瘍血管新生の制御 水上裕輔
IL-10ノックアウトマウスにおける抑制性マクロファージの分化異常とIL-12過剰産生 鎌田信彦
Interleukin-12遺伝子導入樹状細胞による肝先天免疫の活性化と肝癌免疫治療 巽智秀
Inverse genomicsによる肝星細胞アポトーシスに関する遺伝子の探索 竹井謙之
NKT細胞活性化によるHBV特異的CTL誘導の増強効果を利用したキャリアマウスにおけるtolerance breakの試み 伊藤弘康
Procaineの肝癌細胞に対する脱メチル化および細胞増殖抑制作用に関する検討 新井誠人
RER陰性異型遺伝性非ポリポーシス大腸癌(HNPCC)におけるTGFβシグナル伝達異常の解析 高田弘一
STAT3活性化阻害による肝癌細胞の増殖抑制とアポトーシス誘導 福田麻里子
Toll-like receptor 9を介した自然免疫活性による炎症性腸疾患発症の制御 片倉響子
Wee1 kinase/cdc2経路を分子標的とした新たな肝癌治療戦略 小木曽智美
〈シンポジウム〉消化器疾患における網羅的遺伝子解析から分子標的治療
スフィンゴ脂質合成阻害剤はHCV増殖を抑制する 前川伸哉
ヒト肝内胆管細胞による肝再生とその修飾に関する基礎的研究 小森敦正
ヒト腫瘍におけるhistone methyltransferase SMYD3の発現亢進のメカニズムの解明と遺伝子解析による発癌リスク予測 柘植雅貴
モデルマウスを用いた肝炎ウイルスの分子生物学的検討 今村道雄
一般演題
大腸癌異時性肝転移予測因子としてのIGF-1R発現の評価 中村路夫
大腸発癌と脂肪酸・酸化ストレス 藤瀬剛弘
宿主遺伝子editing分子によるB型肝炎ウィルスDNA変異導入機構 丸澤宏之
急性膵炎モデルマウスを用いたヘムオキゲナーゼの抗炎症作用に関する検討 中道郁夫
異常プロトロンビンDCPの血管新生亢進作用 藤川達也
病原性大腸菌感染症における胎児性Fcγ受容体(FcRn)の役割 吉田優
癌抑制遺伝子Klf6は血球系および肝細胞の分化に関与する 松本伸行
経胆管的アプローチによるアデノウイルスベクターを用いた肝細胞への反復遺伝子導入に関する検討 栗山茂樹
肝再生におけるHGFの新しい役割 但馬史人
肝癌細胞における癌幹細胞の分離と特性解析 千葉哲博
肝癌細胞における転写因子B-MYB遺伝子(MYBL2)の活性化 安居幸一郎
肝臓癌発生におけるIKKβ/NF-κB活性化経路の関与 前田愼
腸管分化におけるWntシグナルのHath1調節機構解析とその標的遺伝子の網羅的解析への試み 土屋輝一郎
膵臓癌におけるBMPシグナルの悪性化への関与 佐藤賢一
血管内皮前駆細胞移植による肝線維化抑制,肝再生促進および生存率改善効果 中村徹
障害肝に対する骨髄細胞投与後の網羅的遺伝子解析の比較 丸本芳雄
非アルコール性脂肪性肝炎における炎症の発症・増悪のメカニズム 堀江泰夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想