大仏破壊 : ビンラディン、9・11へのプレリュード

高木徹 著

2001年3月、アフガニスタンのバーミアン大仏がタリバン政権によって爆破された。その裏には半年後の「9・11」、そしてテロ戦争へ突き進むビンラディンとアルカイダの策謀が蠢いていた!綿密な取材、壮大なスケールで9・11の前奏曲「大仏破壊」の真実が明らかに!大宅荘一賞受賞の力作ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 二つの破壊
  • 隠遁者
  • 姿の見えないカリスマ
  • オサマ・ビンラディン
  • 大仏・第一の危機
  • オマルの激怒
  • ビンラディンの贈り物
  • 「アメリカ」の衝撃
  • ムタワキルの抵抗
  • アメリカ帰りの新政策
  • ビンラディンのメッセージ
  • 密使
  • 破壊を阻止せよ
  • アッラー・アクバル
  • 届けられたテープ
  • 大仏は、なぜ破壊されたのか
  • 特別インタビュー「アフガニスタンは変わったか」田中浩一郎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大仏破壊 : ビンラディン、9・11へのプレリュード
著作者等 高木 徹
書名ヨミ ダイブツ ハカイ : ビンラディン 9 11 エノ プレリュード
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2007.4
ページ数 405p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-771721-6
NCID BA81548076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21218936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想