日本陸軍とアジア政策 : 陸軍大将宇都宮太郎日記  2

宇都宮太郎 著 ; 宇都宮太郎関係資料研究会 編

辛亥革命から第二革命前後の参謀本部第二部長としての対応、二個師団増師問題に端を発する大正政変期の陸軍をめぐる政治状況、旭川・大阪両師団長としての生活。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一九一二(明治四五・大正元)年
  • 一九一三(大正二)年
  • 一九一四(大正三)年
  • 一九一五(大正四)年
  • 一九一六(大正五)年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本陸軍とアジア政策 : 陸軍大将宇都宮太郎日記
著作者等 吉良 芳恵
宇都宮 太郎
宇都宮太郎関係資料研究会
斎藤 聖二
桜井 良樹
書名ヨミ ニホン リクグン ト アジア セイサク : リクグン タイショウ ウツノミヤ タロウ ニッキ
書名別名 Nihon rikugun to ajia seisaku
巻冊次 2
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.7
ページ数 661p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-024246-2
NCID BA81547288
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21280012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想