児童福祉論 : 新しい動向と基本的視点

菊池正治, 細井勇, 柿本誠 編著

児童福祉とはなにか。社会福祉基礎構造改革がすすむなかで、子どもの福祉をその原点から問いかける。児童福祉法改正、次世代育成支援対策、認定こども園、障害者自立支援法などの新しい施策が、子どもの福祉の現場にどういう影響をもたらしているのか。子どもを主人公にした児童福祉サービスの構築をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代社会と児童問題
  • 児童福祉の歩み
  • 児童福祉の法律と実施体制
  • 児童福祉の専門職員
  • 母子保健と福祉
  • 児童健全育成と福祉
  • 児童虐待と福祉
  • 母子家庭・父子家庭と福祉
  • 子どもの保育
  • 児童養護と福祉
  • 非行と福祉
  • 障害児と福祉
  • 児童福祉の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 児童福祉論 : 新しい動向と基本的視点
著作者等 柿本 誠
細井 勇
菊池 正治
書名ヨミ ジドウ フクシ ロン : アタラシイ ドウコウ ト キホンテキ シテン
シリーズ名 Minerva福祉専門職セミナー 18
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2007.3
ページ数 245p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-04718-5
NCID BA81542863
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21221048
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想