バルカンの心 : ユーゴスラビアと私

田中一生 著

バルカン学の泰斗、半世紀におよぶ軌跡と仕事の全貌!日本におけるバルカン学のフロンティアによる旧ユーゴスラビアを中心とした歴史、文化、文学についての論考・研究・エッセイをまとめた書。NHKラジオ深夜便のインタビュー「我、バルカンとの架け橋とならん」も巻末に収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歴史と文化(ユーゴスラビアの歴史と文化
  • 日本とユーゴスラビアの文化交流
  • ドゥシャン大帝とマルコ王子の伝説 ほか)
  • 第2部 文学をめぐって(ニェゴシュ再興
  • 山の花環
  • ユーゴスラビアの民話 ほか)
  • 第3部 バルカン逍遙(サラエボ再訪
  • バルカンの放浪者たち
  • ドブロブニクとの付き合い方 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バルカンの心 : ユーゴスラビアと私
著作者等 田中 一生
書名ヨミ バルカン ノ ココロ : ユーゴスラビア ト ワタクシ
シリーズ名 叢書東欧 12
出版元 彩流社
刊行年月 2007.4
ページ数 302p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7791-1261-4
NCID BA81539552
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21224037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想