「神」という謎 : 宗教哲学入門

上枝美典 著

「神」の存在を信じなくても信仰が持てる?「自由」の概念に潜む宗教的な意味とは?宗教について、楽しく学びながら、自分の頭で考えてみたい!そんな貴方に贈る、知的冒険に満ちた、感動の全12章。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 宗教的議論とは何か(論理実証主義の宗教批判-科学的でないものを論じても意味がないか?
  • 宗教の心理学的解釈-宗教は心の弱い者の逃げ場所か?)
  • 第2部 無神論と悪の問題(「悪の問題」とは何か-神と悪は矛盾するか?
  • 自由意志による弁護-悪があるのは人間の自由のせいか? ほか)
  • 第3部 神の存在論証(宇宙論的論証-この世界はどうして存在するのか?
  • 目的論的論証-ダーウィンは宗教の敵か? ほか)
  • 第4部 信仰と理性(信仰の倫理-証拠がないことを信じてもよいか?
  • 信仰という選択-本物の選択としての信仰 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「神」という謎 : 宗教哲学入門
著作者等 上枝 美典
書名ヨミ カミ ト イウ ナゾ : シュウキョウ テツガク ニュウモン
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2007.4
版表示 第2版.
ページ数 293p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1253-4
NCID BA81529399
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21232176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想