武士道考

谷口眞子 著

江戸時代、喧嘩をした者は、喧嘩両成敗法により両成敗になったという通念は、従来「理非を論ぜず」を「理由の如何を問わず」と解釈されてきたことによる。しかし、実際の裁判記録では、理不尽な実力行使に対する自己防衛の場合は無罪とされることも多く、異なる身分の喧嘩では武士により重い罰が与えられていた。一方、百姓・町人に対する武士の横暴として見られがちな無礼討ちは、武士にとっては名誉と身分秩序を守るための義務であった。武士による喧嘩・敵討・無礼討ちの豊富な事例を通して、近世社会の身分秩序意識、「家」の名誉、武士が考える武士道を再考する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 喧嘩と武士道
  • 第2章 武家屋敷駆込慣行再考
  • 第3章 近世の敵討
  • 第4章 敵討概念の再検討
  • 第5章 武士の名誉と無礼討ち
  • 第6章 無礼討ちと政治的関係
  • おわりに 実践された武士道とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武士道考
著作者等 谷口 眞子
書名ヨミ ブシドウコウ : ケンカ カタキウチ ブレイウチ
書名別名 喧嘩・敵討・無礼討ち

Bushidoko
シリーズ名 角川叢書 35
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2007.3
ページ数 279p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-702135-8
NCID BA81528250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21216406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想