青い光が見えたから : 16歳のフィンランド留学記

高橋絵里香 著

フィンランドで高校生になる!小学4年生のときに読んだ「ムーミン」の物語。その魅力に導かれてフィンランドへ旅立った16歳の少女が出会ったのは、温かい人々と、真の教育だった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 夢のはじまり(ムーミンとの出会い
  • 自己否定の迷路 ほか)
  • 1年目-未知の世界で見いだしたもの(憧れの国にたどり着いて
  • 初めての学校 ほか)
  • 2年目-確かな自分がここにいる(思考する学校生活
  • ヤパニ(日本)という国 ほか)
  • 3年目-動きはじめる「今」(フィンランド人の意識
  • JAGAIMO ほか)
  • 4年目-青い光が導いた先(小舟のように
  • 前へ進まなくてはならない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青い光が見えたから : 16歳のフィンランド留学記
著作者等 高橋 絵里香
書名ヨミ アオイ ヒカリ ガ ミエタ カラ : 16サイ ノ フィンランド リュウガクキ
書名別名 Koska näin sinisen valon

Aoi hikari ga mieta kara
出版元 講談社
刊行年月 2007.3
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-213856-7
NCID BA81525718
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21212221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想