日本自動車産業の地域集積

藤原貞雄 著

自動車産業の海外進出によって、地域はどのように変わったのか-愛知型など5つの工業地区に類型化し、21モデル市町を選んで、産業集積と地域経済の変動の関係を実証分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 分析課題と方法
  • 第1章 アーキテクチャ・サプライヤーシステム・地域集積-日本自動車産業集積の分析枠組み
  • 第2章 地域集積と1990年代以後の特有要因
  • 第3章 日本自動車産業の地域集積モデル-「工業地区」を中心として
  • 第4章 自動車産業集積と地域経済の変動-モデル市町を中心として
  • 第5章 愛知型自動車産業集積と豊田市
  • 第6章 大規模部品サプライヤー集積市の構造
  • 第7章 大都市圏型自動車産業集積と京浜臨海地区3市
  • 第8章 大都市における自動車工場閉鎖と生産集約
  • 第9章 広域型自動車産業集積の特質と変動
  • 終章 自動車産業集積の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本自動車産業の地域集積
著作者等 藤原 貞雄
書名ヨミ ニホン ジドウシャ サンギョウ ノ チイキ シュウセキ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2007.3
ページ数 271p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-492-76167-0
NCID BA81510608
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21219739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想