芥川龍之介の夢 : 「海軍機関学校」若い英語教官の日

清水昭三 著

少年時代の芥川龍之介の夢は、海軍士官になることだった。海軍機関学校の教官となって、その夢は半ば実現された。その彼は将来に備え、海外の敗戦物語や体験談などを士官教育の教材とした。連戦連勝の大日本帝国海軍には、まったく不要な教育であった。しかし、この彼の教育を受けたために、敗戦時大いに助かった士官たちがいた…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 芥川龍之介は「西郷隆盛」から乃木「将軍」へ進む
  • 芥川龍之介の海軍での勤務ぶり
  • 芥川龍之介は一等戦闘艦二萬頓××か
  • 芥川龍之介は軍艦「金剛」で褄黒蝶に出会う
  • 芥川龍之介が有島武郎の穴を埋めた
  • 芥川龍之介は天皇制がきらいだった
  • 芥川龍之介は家康と直弼が好きだった
  • 芥川龍之介は小説家ではない、の説
  • 芥川龍之介は職務に専念した
  • 芥川龍之介は生徒に愛された
  • 少年の夢は「海軍士官志望」
  • 「奈良」について思うこと
  • 入社と退職の弁
  • エゴとの戦いのあと
  • 透視力に触れて閉幕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芥川龍之介の夢 : 「海軍機関学校」若い英語教官の日
著作者等 清水 昭三
書名ヨミ アクタガワ リュウノスケ ノ ユメ : カイグン キカン ガッコウ ワカイ エイゴ キョウカン ノ ヒ
書名別名 Akutagawa ryunosuke no yume
出版元 原書房
刊行年月 2007.3
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-562-04056-8
NCID BA81500965
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21220990
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想