ケアとサポートの社会学

三井さよ, 鈴木智之 編

支える側と支えられる側の相互行為として-高齢者、病者・障害者、生活保護受給者を対象に、それを支える家族、職業的サービス提供者、ボランティアに共通する問題群を、実地調査と聞き取りにもとづいて社会学的見地から明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 介護経験とライフストーリー-生活史の継続という観点から
  • 第2章 実の娘による「遠距離介護」経験と「罪悪感」-男きょうだいの有無による老親介護責任配分の位相
  • 第3章 本人の「思い」の発見がもたらすもの-認知症の人の「思い」を聞き取る実践の考察を中心に
  • 第4章 院内家族会とその支援的機能-小児ガン患者の「親の会」の事例から
  • 第5章 職業者として寄り添う-病院内看護職と末期患者やその家族とのかかわり
  • 第6章 ホームヘルプの事業所間比較-ヘルパーによる利用者への対処に着目して
  • 第7章 支援/介助はどのように問題化されてきたか-「福島県青い芝の会」の運動を中心として
  • 第8章 「義務としての自立の指導」と「権利としての自立の支援」の狭間で-生活保護におけるストリート官僚の裁量と構造的制約

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケアとサポートの社会学
著作者等 三井 さよ
鈴木 智之
書名ヨミ ケア ト サポート ノ シャカイガク
書名別名 Kea to sapoto no shakaigaku
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2007.3
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-67206-4
NCID BA81499731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21233617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想