ブルターニュ紀行 : 野を越え、浜を越え

ギュスターヴ・フローベール 著 ; 渡辺仁 訳

若き日のフローベールが、友人とふたりでフランスの辺境の地を歩き回った旅の記録。当時の地方の景観や風俗が、生き生きとした筆致で描かれていると同時に、稀有な作家の誕生を予感させるような、さまざまな散文の実験も試みられている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブロワからトゥールまで
  • 第2章 トゥールからラ・メユレまで
  • 第3章 ナントとクリッソン
  • 第4章 ナントからカルナックまで
  • 第5章 カルナックからプルアルネルまで
  • 第6章 プルアルネルからジョスランまで
  • 第7章 ボーからポン=ラベまで
  • 第8章 ペンマールからランドナデックまで
  • 第9章 クロゾンからサン=ポルまで
  • 第10章 モルレーからサン=マロまで
  • 第11章 サン=マロ、コンブール、モン・サン=ミシェル
  • 第12章 レンヌからコーモンまで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブルターニュ紀行 : 野を越え、浜を越え
著作者等 Flaubert, Gustave
渡辺 仁
フローベール ギュスターヴ
書名ヨミ ブルターニュ キコウ : ノ オ コエ ハマ オ コエ
書名別名 Par les champs et par les greves. (第1・3・5・7・9・11章)

Burutanyu kiko
出版元 新評論
刊行年月 2007.4
ページ数 323p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7948-0733-5
NCID BA81496201
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21227053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想