「縮み」志向の日本人

李御寧 著

小さいものに美を認め、あらゆるものを「縮める」ところに日本文化の特徴がある。世界中に送り出された扇子、エレクトロニクスの先駆けとなったトランジスタなどはそうした「和魂」が創り出したオリジナル商品であった。他に入れ子型・折詰め弁当型・能面型など「縮み」の類型に拠って日本文化の特質を分析、"日本人論中の最高傑作"と言われる名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 裸の日本論
  • 第2章 「縮み志向」六型
  • 第3章 自然にあらわれた「縮み」の文化
  • 第4章 人と社会にあらわれた「縮み」の文化
  • 第5章 現代にあらわれた「縮み」の文化
  • 第6章 「拡がり」の文化と今日の日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「縮み」志向の日本人
著作者等 李 御寧
書名ヨミ チジミ シコウ ノ ニホンジン
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2007.4
ページ数 342p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-159816-4
NCID BA81492175
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21218825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想