哲学がはじまるとき : 思考は何/どこに向かうのか

斎藤慶典 著

哲学とは、「考えること」以外の何ものでもない。あなたが、世界に対して、「どうして?」という問いを発したとき、すでにそれははじまってしまっているのだ。答えの答え、根拠の根拠、意味の意味、ふだんの生活の中で、あるいは科学の営みの中で、「打ち切り」になっている問いをどこまでも徹底して考え抜いたとき、世界が、存在が、時間が、真理が、そして「私」が、あらたに驚きの相のもとに現れてくるだろう。「入門」ではない「哲学そのもの」へと直接導く案内書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 思考(当惑
  • 問い
  • 哲学
  • 形而上学)
  • 第2部 世界「すべて」(存在
  • 時間
  • 真理
  • 場所)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学がはじまるとき : 思考は何/どこに向かうのか
著作者等 斎藤 慶典
書名ヨミ テツガク ガ ハジマル トキ : シコウ ワ ナニ ドコ ニ ムカウノカ
書名別名 Tetsugaku ga hajimaru toki
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.4
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06356-4
NCID BA81480063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21246849
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想