青雲はるかに  上巻

宮城谷昌光 著

戦国時代末期。大望を抱く才気煥発の青年説客、茫雎は無二の親友鄭安平の妹の病を治すべく、悪名高い魏斉(魏の宰相)の奸臣須賈に仕えた。茫雎の襄王への謁見が誤解を生み、魏斉の宴席で茫雎は凄惨な笞打ちにより歯や肋骨を折られ、半死半生のまま簣巻にされ、厠室で汚物に塗れた-。戦国の世を終焉に導いた秦の名宰相茫雎の屈辱隠忍の時代を広壮清冽な筆致で描く歴史大作前編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青雲はるかに
著作者等 宮城谷 昌光
書名ヨミ セイウン ハルカニ
書名別名 Seiun harukani
シリーズ名 新潮文庫
巻冊次 上巻
出版元 新潮社
刊行年月 2007.4
ページ数 507p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-144435-2
NCID BA81474752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21211779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想