犯罪・非行の心理学

藤岡淳子 編

なぜ人は犯罪や非行を起こすのか。犯罪や非行に対して、社会はどのように対応すればよいのか。犯罪や非行を起こした人への改善更生の方法とはいかなるものか。犯罪・非行について、心理学を中心としつつ、法律学、刑事政策学、社会学、精神医学などの視点も取り入れ、基礎的な内容から最新の知見までを平易に解説した入門テキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 犯罪・非行の基礎(犯罪・非行心理学を学ぶにあたって
  • 犯罪・非行研究の基礎理論
  • 犯罪・非行の個別的要因(1)パーソナリティ要因
  • 犯罪・非行の個別的要因(2)発達障害 ほか)
  • 第2部 犯罪・非行の心理臨床(犯罪・非行の心理臨床の基礎
  • 犯罪者・非行少年の処遇システム
  • 犯罪者・非行少年のアセスメント
  • 犯罪・非行の治療教育 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犯罪・非行の心理学
著作者等 藤岡 淳子
書名ヨミ ハンザイ ヒコウ ノ シンリガク
書名別名 Hanzai hiko no shinrigaku
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 2007.3
ページ数 282p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-18347-6
NCID BA81452465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21219757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想